赤松伐採ツアー

赤松の伐採
標高約845m
信州伊那谷の里山

厳しい冬の寒さと
夏でも涼しい環境が
木目が詰まった赤松を育てます

昔は伊那松と呼ばれ
木曽の木曽桧とならぶ
優良な木材として知られてました

そんな伊那赤松の伐採ツアーに
今年も大阪の仲間が訪れてくれました

5W1H
Who(誰が) What(何を) When(いつ)
Where(どこで) Why(なぜ)
How(どのように)

そんな事判るわけ無いってのが
今の時代の家づくり・・・

山に分け入り
木の見立て・誰が寝かして
山出し・製材・墨付け刻み・・・

スピードと効率が優先される時代にあって
時代に逆行するようなやり方なのかもしれません・・・

ご自身の家に使われる木材が
何処で育ち・誰が何時どのように・・・
そんな場面に立ち会えるお施主さんって仕合せ

日本のお家の寿命は
30年だなんて誰が云ったのか知りませんけど
このままスクラップ&ビルドを繰り返すのなら
スピードと効率化ってのも重要なのかもしれません

でもね
そうじゃないと思うんですよね
材木屋さん・大工さん・そしてお施主さん

天井を見上げると
あの時のあの木が
家を支えてくれている
どこかが欠けても成り立たない流れ・・・

2日間に渡る
伊那松伐採ツアー
皆さんお疲れ様でした!

最後にぽちっと
クリックで救える命がある。

環境問題・保護人気ブログランキングへ ブログランキング
にほんブログ村 長野情報へ にほんブログ村

tag : 信州伊那谷 里山 無垢材 新築工事 赤松 伊那松 伐採 チェンソー 5W1H

コメント

Secret

さすが伊那谷やね!!!

こんなイイ松があるんや。

相当大きな家じゃないと、
こんな立派な梁はあわないね。

えせ木工職人の川ちゃんは、
生きた木材の年齢分は少なくとも使い続けられるものを作ろうと思う。

この松なら
100年はゆっくりもつ梁となるね (*^。^*)

タッキーの仕事は、
すばらしい!!

Re:川ちゃんへ

木の生きた年月をもたせるって、本当は至極当たり前の事なんですけどね・・・

そのためには、丁寧な職人の仕事と時間軸・・・
癖を抜いたり読んだりって事が必要になってきますよね

川ちゃんありがとう!
未来へ
『現在の自然環境は先祖が残してくれたものではない。
未来の子孫から借りているもの...』
プロフィール

タッキー

Author:タッキー
二つのアルプスが見える
信州伊那谷の小さな材木屋さん

笑顔溢れる家づくりのお手伝いを
しながら年中無休・24時間対応
アチコチへ東奔西走中
■□■□■□■□■□■□■□
柏屋木材(有)
〒399-3702
長野県
上伊那郡 飯島町 飯島120-44
TEL; 0265-86-2387
FAX; 0265-86-2537
E-mail; kashiwaya@if-n.ne.jp
メールでのお問い合わせは
◆◇こちらから◇◆
していただけます
■□■□■□■□■□■□■□
信州伊那谷の材木屋さんは
こんなヤツです

新築からリフォーム営繕など…
上水道工事
下水道工事の
指定工事店もやってます

管理用
信州伊那谷の材木屋さん
Facebook
Facebook
Facebook
カテゴリ
最近の記事+コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報
理想の森プロジェクト伊那谷
みんなで楽しくやってます。毎月第四土曜日の午前中に定例作業をやってます
材木屋の呟き
信州伊那谷の材木屋さんによる何てことない呟き
We Love Japan
RSSフィード
あし@
FC2カウンター
ミツバチの羽音と地球の回転
ミツバチの羽音と地球の回転バナー

ミツバチの羽音と地球の回転

持続可能を求める旅
私たちが切り開く未来のイメージ
ブログ内検索
リンクの頁
理想の森プロジェクト
ぽちっと
チーム・マイナス6% クリックで救える命がある。 【+地球温暖化】 伊那谷てんこもり.gif 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ  長野県ウェブランキング.gif ブログランキング 旅行・観光ガイド たびすまいる
blogram投票ボタン スマイルハウスは育児世代の家づくりを応援しています。 育児ブログ・ランキング
ブログ村
グリムス
guremz